有料老人ホームの違いとメリット|介護付有料老人ホームはなぜ住みやすいのか

住みやすい介護付有料老人ホームが増えています

有料老人ホームの違いとメリット

女の人

住宅型有料老人ホームのメリット

住宅型有料老人ホームの特徴は、介護サービスを自分で選ぶことが出来ることです。住宅型有料老人ホームでは、基本的に常駐の介護スタッフではなく、外部のサービスを選ぶことになります。住宅型有料老人ホームは、重度の介護を必要とせず、自宅と同じように暮らしたい方に向いています。しかし、入居に関しては介護保険の対象ではないため、介護付有料老人ホームに比べると費用の負担も、大きなものになってしまいます。

介護付有料老人ホームのメリット

介護付有料老人ホームの特徴は、24時間体制で施設に常駐する介護スタッフがケアしてくれることです。そのため常に介護を必要とする人も、安心して入居することができます。そして介護付有料老人ホームへの入居は、介護保険の対象となっています。そのため、費用の自己負担を抑えられるということも大きなメリットです。また重度の介護にも対応しているところが多いため、終身で住みやすいこともメリットの一つです。

老人ホームQ&A

なぜ広島市には老人ホームが多いのでしょうか?

広島県広島市は、中国地方で最大の人口を誇る市です。しかし、その人口の約4分の1が65歳以上の高齢者が占める高齢都市でもあります。そのゆえに広島市では、高齢者福祉に特に力を入れて、多くの高齢者が住みやすい市を目指しているのです。そのため、全国的にみても特に住みやすい有料老人ホームがたくさんあるのです。

住宅型と介護型以外にも有料老人ホームはありますか?

はい、他にも健康型有料老人ホームがあります。健康型有料老人ホームは、他の二つの有料老人ホームとは違っていて、介護を必要としない入居者のみを受け入れている老人ホームです。それゆえに健康型有料老人ホームでは、介護が必要になってしまった場合は退去しなければなりません。そのときは、また他の老人ホームを探さなければならないので、注意しておきましょう。

有料老人ホームの入居条件は何ですか?

有料老人ホームは、それぞれ異なる入居条件があります。健康型は、介護の必要がない60歳以上または65歳以上の方であることが条件です。住宅型は、60歳以上または65歳以上であり、重度の介護を必要としない方を対象にしていることが多いようです。介護付は、要介護の認定を受けていることが必要で、年齢制限も他と同じく60歳以上か65歳以上の二通りです。

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いは何ですか?

特別養護老人ホームは、地方自治体や社会福祉法人によって運営されている公営施設です。それゆえ低価格ではありますが、入居条件の多さや入居待ちで入れないことも多いです。また、サービスの質や部屋の環境なども期待はしにくいのです。有料老人ホームは、民間の運営であるため入居者の満足を第一に考えています。そのゆえサービスの質は特別養護老人ホームとは比べ物にならないほど充実しています。